宇佐地区森林組合の取り組み

■森林施業プランにより、伐期を向かえた山林を所有者に施業の事業収支を示した森林施業案を提案し、合意を頂く中で、
「立木を伐採する」→「跡地に苗木を植える」→「山の手入れをする」
といった一環したシステムを確立し、循環型林業を実践しています。

■林業労働力不足を補うため高性能林業機械の導入に力を入れ、現在は林業技術者の育成を目的とした若者にも受け入れられる新しい山仕事の在り方を(働き方改革に向けて)模索中であります。

■私たち職員一同の座右の銘は『天は自ら助る者を助く』自分たちで考え、自分たちで動く、誇りを持って取り組んでいます。

 

ニュース

2017年09月29日
人権・同和問題研修会を行いました。
2017年05月15日
木質バイオマス等活用について
2017年05月15日
TOSテレビ大分に放送されました。